お風呂場からの異臭を解消させよう【水のトラブルは業者に依頼】

お風呂場の異臭、一体どこから?!原因となる場所を調べよう お風呂場の異臭、一体どこから?!原因となる場所を調べよう

お風呂場から異臭が・・・原因は何?

お風呂

お風呂場から異臭が発せられるようになったら、お風呂場に関連している場所にトラブルが生じている可能性があります。お風呂場の異臭の原因を調べれば、その対処法も見えてきます。水のトラブルの代表例、お風呂場の異臭トラブルの原因を見てみましょう。

お風呂場の異臭の原因

排水溝の汚れ
異臭がドブのような臭いだった場合、排水溝が汚れていることが考えられます。排水溝内は、入浴時に流されてくる石鹸やシャンプー、抜け毛などの汚れやゴミなどが毎日と言っていいほど流れてきます。これらは雑菌の餌となり、雑菌の繁殖に繋がります。それが排水溝から漂う異臭の原因となるのです。普段から綺麗にしているだけでも異臭予防につながります。
排水トラップの異常
お風呂場で腐敗臭に近い臭いがしたら、それは排水トラップの異常によって生まれたものかもしれません。排水トラップとは、下水の臭いを防ぐ働きをしている排水溝内の構造のことを言います。機能していれば下水からの悪臭や虫の侵入などを防いでくれますが、何らかのトラブルが生じ機能しなくなると、悪臭が排水溝のどんどん上がってきて、お風呂場全体に腐敗臭のような臭いが広がるようになります。
風呂釜の汚れ
風呂釜にお湯を溜めたときに生臭い臭いがする場合、風呂釜が汚れている可能性が極めて高いです。お風呂場でコバエが見られるようになるのも同じ理由である可能性が高いです。風呂釜は、浴槽と配管で繋がっている、いわば「お湯を沸かす装置」です。浴槽の中の水を吸い込み、装置内でその水を温め、お湯となった水を再度浴槽に排出します。そのため浴槽が汚れていると、配管を通って風呂釜自体も汚れてしまい、臭いが発せられるようになるのです。
換気扇のカビ
お風呂場がカビ臭くなったら、換気扇内に発生が生えている可能性があります。お風呂場の換気扇には湿気を含んだホコリが溜まってしまうので、それが黒カビを生む原因となります。換気扇にカビが生えてしまうと、換気扇を起動させる度にカビの胞子が撒かれてしまう羽目になるので、どんなにお風呂場を掃除してもすぐにカビが生え、その影響で依然カビ臭さも残ってしまいます。またカビやホコリは換気扇の起動トラブルの原因にもなり得ます。お風呂場が換気できない状態になってしまうと、よりカビの発生が活発化してしまいます。まさに悪循環な状態なのです。

お風呂場の異臭の原因をいくつか挙げましたが、やはり原因として一番多いのは排水溝のトラブルによるものだと考えられます。汚れが原因であれば掃除で解消できるかもしれませんが、原因の特定や解消法を導くのは簡単なことではありません。このような水のトラブルは専門業者に依頼するようにしましょう。

異臭がひどくなる前に業者に連絡を!

水のトラブルが発生したときに一番便りになるのが、水のトラブルの解消を専門としている修理業者です。業者に相談した場合、まず電話を通して現状把握をした後、現場での調査・見積もりの算出、そして修理の流れとなります。基本的に電話での相談から見積もりまでは無料で行なわれます。業者は水回りの場所であればどこでも修理に入ってくれるので、お風呂場における異臭トラブルももちろん受け付けてくれます。

TOPボタン